ポリアモリーへの誤解 / by Nao-Horomura

■ポリアモリーへの誤解  

Oxford dictionaryには、ポリアモリーの項目に、『The practice of engaging in multiple sexual of relationships with the consent ofall the people involved.』と書かれています。

 ポリアモリーという言葉は、1990年代のサンフランシスコで広まり始めました。サンフランシスコは、1960年代後半、ヒッピームーブメント、『Summer of Love』が起こった地です。このヒッピームーブメント、『Summer of Love』は、学生たちの自主性を重んじようとする学生運動や、反戦運動、ロックミュージックの台頭、エコロジー運動など、理想の追求、可能性の追求という色合いが強いものであり、それまでの人類のあり方への反省を多く含んだものでした。そこには、従来の家族のあり方や男女関係への反省も、当然、含まれておりました。ポリアモリーがサンフランシスコで広まり始めたのは、60年代後半のヒッピームーブメントや『Summer of Love』と、無関係ではありません。

 ポリアモリーの本質は、従来の家族のあり方や男女関係への反省、理想の追求、可能性の追求であり、より良い未来を作っていこうという姿勢にあります。

 例えば、1970年代に結成されたケリスタ共同体というポリフィデリティ(決まった複数人とのみ関係を結ぶこと)を実践していた共同体は、愛する人が自分以外の人を愛するときに感じる喜びを発見し、『Compersion』と名付けました。

 日本においては、こうした、ポリアモリーという概念が生まれてきた背景があまり知られておらず、「複数の恋人を持とうとする人」や、「同時に複数の人を好きになってしまうマイノリティ」などといった意味で使われています。これはとても残念なことです。