SEX / by Nao-Horomura

誰にとってもそうだとは思うのですが、私にとっても、愛するふたりと3人で行うセックスは特別なものです。特別なもの、と言っても、タブーを行っているという感覚ではありません。どちらかというと、とてもナチュラルでワイルドな感覚。セックスとは本来こうしたものだったのではないか、と納得してしまうような、根源的なものへと開かれていくような感覚がそこにはあります。3人の性的なエネルギーが螺旋階段のように上昇していくにつれ、ひとりひとりの眠っていた性的なエネルギーが少しずつ呼び覚まされていくのです。このエネルギーの目覚めは急激には起こりません。3人がゆっくり愛情を確認していく中でゆっくりと起こっていきます。眠っていた性的なエネルギーが呼び覚まされていくと、知覚が変容していきます。水面がとても美しく、夜が明けて光がゆっくりと変化していくのが繊細に感じられていくのです。光に照らされた何もかもが色彩を強く放ち、輪郭や構造がくっきりと浮かび上がります。余計なもの、、恐れや暴力性、焦り、疲労など、、がすべて削ぎ落とされた裸体が美しく照らされ、それを眺めているだけで、欠けているものは何もない、と実感します。

(2015年1月)