トライブ意識 by Nao-Horomura

今回の本では編集時にカットした箇所を、期間限定で掲載します。

■トライブ意識

 彼との日々の中で、私は久しぶりに、トライブ意識を思い出しました。

 私には、やるべきことがありましたが、それをやっていくための人間関係の最小単位があると感じたのです。それは、核家族より大きく、移動を伴い、誰かが遠征したり戻ってきたりしながら続いていくもので、トライブと呼ぶのがちょうど良いように感じました。

 中学生の時にスキー場で、高校卒業後にナイトクラブで、つくりあげていったものと似た、目的とライフスタイルを共有する最小単位。スキー場や、ナイトクラブには、場所自体にゆるいトライブ意識があり、その中でさらに大きな目的意識を持つ人々が強いトライブ意識で繋がっていたのでした。

 年功序列、終身雇用の会社で、給与生活者として家族の構成員全員が生きていくのなら、核家族や一対一のパートナーシップでもなんとかやっていけますが、それ以外の生き方をするのであれば、核家族という単位は不安定で、小さすぎる。大きな目的意識を持つ人たちは、自然とトライブを形成し、助け合いながら、みんなで目標を達成していたのでした。

 結婚をやめ、トライブ意識の強い彼と過ごすうちに、私はキラキラと輝くトライブ感覚を久しぶりに取り戻しました。ノンモノガミー、ポリアモリーという恋愛のスタイルは、トライブに全く矛盾しないどころか、トライブを形成するためにも、トライブを維持するためにも、理にかなっているように思いました。(意識的か、意識的でないかに関わらず、トライブ意識が強い人は、ノンモノガミー、ポリアモリー的な哲学やライフスタイルを送っていました。)

 10代の頃、私は、ずっと大勢で生活したいと思っていました。20代の前半も同様です。そして、20代も後半になり、子育てや生活、仕事、恋愛、セックスについて、より深く考えるようになり、私は、10代の頃、20代前半の頃よりはっきりと、大勢で生活すべきだと思うようになりました。

 社会が急激に変化していました。私だけでなく、皆が、これまでの生き方で、あと50年以上、これまでのシステムに依存して生きていくことは危険だと肌で感じていたこともありました。高学歴の同級生はどんどん全国各地、世界のどこかへと会社の都合で散らばっていきました。過酷すぎる労働環境で体調を崩したり、転職を余儀なくされる、高学歴の同世代がたくさんいました。孤独、孤立、心の病という問題が、日本中でどんどん深刻になっていました。私は、私からまず、自分が良いと思うことを実行し、みんなの状況をなんとかしていかなければいけないと思いました。そして、「自分の力で、自分の好きなように、自分の人生を切り開いていける、そして、それは、私だけでなく、みんなができることなんだ。」と、直感的に思ったのでした。

 トライブ意識を大切にし、トライブを自ら形成、維持していこう。そのために、私はトライブのメンバーひとりひとりに、できることをしていこう。貢献していこう。それが私のやるべきこと全てとも繋がるし、私がやるべきことをやるためにも、トライブのメンバーひとりひとりがやるべきことをやるためにも、未来の人類のためにも、とても大切だ。そういう生き方がとても自然なものとして、しっくりきたのでした。そして、それは、私が、北海道の日高と札幌を行ったり来たりしていた幼い頃に憧れていた、日高の姿、地域のために、日本のために、人類の未来のために会社経営をしていた祖父の姿と重なるのでした。

 日高にはアイヌの文化がまだうっすらと残っており、私もアイヌの血をひいていると聞かされていました。祖父は、幼い私には、首長のように見えました。私は日高で親戚たちと遊ぶのが大好きで、大きな家族に守られていると思いながらのびのびと成長したのでした。親戚だけではなく、親戚のところに出入りしていた、会社の人、祖父の恋人のような人、お手伝いさんや運転手さん、親戚の友人のアーティストたちも、皆、私を可愛がってくれました。矢野顕子さんや、さよなら人類のたま、フリージャズのアーティストたち、ヒッピーのようなレゲエのような人たちも、日高の空気の中、親戚たちがつくる空気の中で、リラックスしていたのでした。祖父が亡くなった時には、政財界の人々などがおよそ2000人参列し、私は、それらすべてが、私の大きな家族、トライブだと感じていたのでした。

 幼少期に培われたそうしたトライブ感覚は、私に、コスモポリタンとしての感覚、宇宙生命体としての感覚も授けました。トライブの空気はとても平和なもので、それは、自分のトライブ内の人間だけが幸せであったらそれでいいというようなものではなかったのです。その空気を言葉にするなら、それは、「愛」ということになるのでしょう。本来の意味の、本質的な愛。隣人愛、博愛という意味での愛が、空気としてありました。私はその感覚を持ち続けたかったし、その「愛」の空気を、私たちの世代にも、次の世代にも、伝えていきたかったのです。その、空気の中にある愛、その空気の中で過ごす感覚すべての中にいつもある愛は、私の中で、一般的に言われている、「愛している」「愛していない」といったことより、ずっとずっと大事なのでした。

 

『ザ・サード・サマー・オブ・ラブ(1)ポリアモリー』はこちら→https://www.amazon.co.jp/dp/B072JQDLZS

アートセラピー by Nao-Horomura

この絵は、イビサで、アートセラピーをした時のもの。クライアントと一緒に描きました。背景は、イビサの赤土とイビサの空で、私が描きました。

彼が昨日、苦笑していた場所は、 by Nao-Horomura

彼が昨日、苦笑していた場所は、船でもなく、広場でもなく、そのどちらでもあるような、パーティ会場のような場所だった。

宿泊する場所でもなく、カプセル的な空間でもなく、そのどちらでもあるような、プライバシーが半分守られている、ソファーベッドが並ぶ空間を歩きながら、私たちは、お互いに何があったのかを話したの。

時間は午後、4時から6時くらいだと思う。光が眩しくて、サンセットまで、まだまだ時間がある時間。

私たちは、自分たちが、バカだな、ってことを、苦笑しながら、話したの。

(April 04, 2017)

しし座流星群 by Nao-Horomura

 2001年11月18日。私の17歳の誕生日に、「しし座流星群」が来ると言われていた。それも、32年に一度の規模、もしかしたら、100年に一度の規模、それ以上になるかもしれないと言われていた。その頃、私はよくお父さんの天体観測に付き合っていて、星に詳しかった。当時、私とお父さんはよく、夜8時になると照明が消えて真っ暗になる、滝野霊園の駐車場近くに車を停めて星を見ていた。

 しし座流星群が来る当日、札幌の空は厚い雲に覆われていた。32年に一度とも100年に一度とも言われる規模のしし座流星群を見逃してしまうのかと私は残念な思いでいた。ちょうど次の日が中間試験だったから試験勉強をしながら、チラチラ天気予報を気にしていた。

 私には当時、6歳年上の交際相手がいた。彼は星に詳しいわけじゃないけど、音楽フェスティバルで 奇跡的なライブに居合わせる、みたいなことは大好きだったから、何日も前からしし座流星群に期待していた。当日の昼、「もしかしたら見れるかもしれないよ。俺はスタンバイしてる。」と言っていた。

 私はソワソワしながら勉強していた。晴れる気配はなかった。

 夜になると、お父さんが、「しし座流星群を見に行くぞ」と言いだした。「車で千歳のほうまで 行けば見えるかもしれない。」と。そして、私とお父さんは車で千歳方面に向かった。ところが、 千歳方面も雲が厚く、星ひとつ見えなかった。しし座流星群が来る時間は近づいていた。私とお父さんは焦っていた。 その時、6歳年上の彼から電話が来た。「今、どこにいる?」「千歳方面」「そっちどう?」「全然ダメ。曇ってる。」「今、俺、滝野霊園方面に向かってるんだけど、こっち少しずつ晴れてきたよ。こっち来いよ。」

 私とお父さんはUターンして滝野霊園に向かった。 滝野霊園に近づくと、だんだん星が見えてきた。午前1時くらいだったと思う。星はじゃんじゃん流れていた。滝野霊園には数組天体観測マニアがいるだけだった。 彼は、私も一緒に遊んだことのある彼の悪友を連れていた。星はじゃんじゃん流れ続けていて、 それはだんだん雨のようになっていた。彼と彼の悪友は、「ドーン!」と両手を空にあげ、どちらが星を多く降らすことが出来るか勝負していた。(その勝負は彼の勝ちだった。)

 午前3時半頃。ピークタイムの予想通り、雨のように降り注ぐ星は激しくなっていった。降り注ぐ星で照らされた空は夜とは思えない明るさだった。彼は車の陰で、私にキスをしてきた。私は目を閉じた。その間だけ、世界が暗闇になった。

 結局夜が明け始める頃まで私たちは空を見続けた。朝起きると彼から「お誕生日おめでとう」とメールがあった。「ほんとはもっと激しいキスがしたかったけど、お父さんがいたからさすがにね」と。

 私はぼーっと夢心地で中間試験を受けたのだと思う。「昨日勉強した?」とクラスメイトに聞かれて、「いや、しし座流星群を見に行って夜明けまで見てたから。すごかったよ。」と言って、「さすが菜生。やる気ないじゃん。」と、笑われた記憶だけがある。

 次に同じくらいの規模の「しし座流星群」が来るのは32年後と言われていた。私は流れ星に、「32年後も彼と見ることが出来ますように。」とお願いしていた。最新の情報では、2033年から2037年のしし座流星群は、2001年ほどの規模にはならないんじゃないかと言われている。 (2001年のしし座流星群は、1時間あたり1000個の星が流れていた)。でも、きっと、彼と、 みんなで見ることは出来ると思う。私と彼は、昔も今もずっと親密で、それは、私に何人恋人がいても、彼に何人恋人がいても、ずっと変わらないことだから。 

 

(サイゾーmessy、2015年掲載)

Imogen Heap - Hide and Seek (Tiësto's In Search of Sunrise Remix) by Nao-Horomura

期間限定ブログ。

今日は、Imogen Heap - Hide and Seek (Tiësto's In Search of Sunrise Remix)について。

51TysFasK4L.jpg

 

オリジナルは、男のcheatingがあらわになり、別れ話をするカップルの、女の心を歌った、Imogen Heapのヒット曲です。

オリジナルは、悲しさと、優しさと、諦めが入り混じった、静かで、湿った曲に仕上がっているのですが、これを、Tiëstoと、当時のTiëstoの敏腕プロデューサーDavid Lewisは、力強い、勝利のメロディへとRemixしました。

真実が明るみになることは、勝利であり、光なのだ、という、彼らの勝利宣言です。

この曲は、Tiësto のアルバム、In Search of Sunrise 6 -  IBIZAにおさめられていて、Hide and Seek の次の曲は、A New Dawn。美しい夜明けのメロディが続きます。

 

Hide and Seek (Tiësto's In Search of Sunrise Remix) 〜 A New Dawn を聴きながら、誰もいない、枯渇した木々が横たわる、荒涼としたイビサの山道をドライブするのが、私のもっとも好きな瞬間のひとつです。

自由は、何よりも、価値がある。この曲を聴く度に、私はそう思います。

 

 

Frankie Knuckles pres. Hardsoul Feat. Ron Carroll - Back Together (Directors Cut Classic Club Mix) by Nao-Horomura

 

 

期間限定ブログ。

 

曲の紹介。

 

Frankie Knuckles pres. Hardsoul Feat. Ron Carroll

- Back Together (Directors Cut Classic Club Mix)

 

 

このBack Togetherは、失恋を歌った曲ですが、このFrankie KnucklesによるDirectors Cutは、復活のシーンにこそ、よりふさわしいです。

 

 

 

本当なんだ

君のことを泣かせるつもりは一度もなかった

さよならを言うつもりは一度もなかった

君のもとに戻りたい

そして一緒に

 

僕の愛

約束は君を傷つけた

ひとつも現実にならなかった

君のもとに戻りたい

そして一緒に

 

どうしてこんなことになったのか信じられない

君と僕はたくさんの夢があった

君が僕のそばにいないと何をしたらいいのか分からない

僕を許して君の内側に入れてくれ

君の心が僕の居場所なんだ

近くに抱き寄せてきつく抱きしめてくれ

君と僕のつながりを確かめあおう

僕は今問題を抱えているんだ

君は分からないのか

 

 

本当なんだ

君のことを泣かせるつもりは一度もなかった

さよならを言うつもりは一度もなかった

君のもとに戻りたい

そして一緒に

 

僕の愛

約束は君を傷つけた

ひとつも現実にならなかった

君のもとに戻りたい

そして一緒に

 

はじまった時は特別な時間だった

まだ心の中に残ってる

なぜ君の心の全てを踏みつけてしまったのか分からない

君が泣いた時僕にはその痛みが見えなかったんだ

僕の人生には永遠に君が必要だ

今度こそうまく乗りこなし守るんだ

甘い愛を互いに感じ合い

残りの人生ずっと恋人として過ごすんだ

 

ずっと一緒にいて

ずっと愛を共有して

決して離れないで

未来を掴んで

 

そんなつもりはなかったこと全てが

君を傷つけたって

僕は知っている

 

僕の愛が 僕の愛が 僕の愛が

僕の愛が君を傷つけたんだ

君のもとに戻りたい

そしてまた一緒に

 

 

[Chorus]

It's true

I never meant to make you cry

I never meant to say goodbye

I wanna come back to you

And put things together

 

My love

The promises i made hurt you

None of them became the truth

I wanna come back to you

And put things together

 

 

[Verse 1]

Can't believe how I messed up things

You and I had so many dreams

Don't know what to do without you by my side

Please forgive me and let me come inside

In your heart is where I need to be

Hold me close, so tight, I'm sure to see

what a woman, you are to me

Are you missing my problem, 

Can't you see

 

 

[Chorus]

It's true

I never meant to make you cry

I never meant to say goodbye

I wanna come back to you

And put things together

 

My love

The promises i made hurt you

None of them became the truth

I wanna come back to you

And put things together

 

 

[Verse 2]

Special times when we first started

Those things will stay in my heart

I don't know why I stepped on all your feelings

Cuz when you cry I could not see the pain inside

I need you in my life forever

This time we'll take our time and save

The sweet love we feel for one another

For the rest of our lives, I'll be your lover, Yeah

 

[Bridge]

Let us keep us together

Let us share love forever

Don't leave me never

Hold on to the future (x4)

 

No I didn't mean it

I know they hurt you baby

Ohh my love, my love, my love, my love

I know they hurt you baby (x3)

Said I wanna come back to you, and put things together

 

※この曲をはじめとするハウスミュージックは、80年代、最もマイノリティだった、黒人のゲイによる音楽です。